【台北時事】日本の対台湾窓口機関、日本台湾交流協会は16日、台湾からマスク200万枚の寄贈を受けると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大により日本で不足しているサージカルマスクで、台湾側の台湾日本関係協会を通じて供与される。日台間で調整の上、早急に日本に届けられる見通しだ。
 日本側の交流協会は「台湾は感染拡大抑止に大きな成果を挙げ、国際社会に対してさまざまな貢献をしている」と強調。その上で「新型コロナウイルスで苦しむ国際社会への大きな貢献の一つで、心より感謝を申し上げる」と表明した。 (C)時事通信社