日産自動車は16日、横浜工場など国内の3拠点で、月内に医療用フェースシールドの生産を開始すると発表した。3Dプリンターを使って月に約2500個を生産し、医療現場に提供する。また、人工呼吸器や人工心肺装置を製造する企業に対し、工程改善の提案や人材面の支援も行う。自動車の開発・生産で培ったノウハウを活用し、新型コロナウイルス対策に取り組む。 (C)時事通信社