化学大手のカネカは16日、新型コロナウイルスの治療薬として期待されている抗インフルエンザ薬「アビガン」の原薬供給で、富士フイルムと合意したと発表した。7月から供給を開始する。
 新型コロナの感染が拡大する中、カネカは富士フイルムの要請を受ける形でアビガンの増産を後押しする。設備投資や人員の配置転換を行うことで、製造体制の整備を急ぐ。
 アビガンは、富士フイルムの子会社が開発し、国内では新型インフルエンザ向け医薬品として承認されている。政府は今月、アビガンを200万人分備蓄できるよう支援することを決定し、富士フイルムが増産を開始した。 (C)時事通信社