京都府は17日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言を受け、ナイトクラブ、バーなどの遊興施設、スポーツクラブをはじめとした運動施設に休業を要請することを決めた。夜の繁華街への出入りやイベントの自粛も求める。このほか、山形県は、来県者を対象に県境で実施する検温を18日から実施すると発表した。
 京都の休業要請は18日から5月6日まで。要請に応じた中小企業に20万円、個人事業主に10万円を給付する。病院やスーパーなどには休業を要請しないが、飲食店には営業時間を午後8時までとするよう求める。
 山形の検温は、山形、米沢両駅と山形、庄内両空港、山形道山形蔵王パーキングエリア(PA)などで5月10日まで行う。PAのトラックやバスの運転手は事業所で検温をしているとして対象外。 (C)時事通信社