【ビジネスワイヤ】ヘルスケア機器のPHC(東京都港区)は、同社の調剤医事システム「Pharnes」と同業のカケハシ(東京都中央区)の電子薬歴システム「Musubi」の連携ソフトを発売したと発表した。両社は既に昨年、セールスパートナーシップ契約を締結済み。今回の連携ソフトは、Musubiの薬学管理料情報をPharnesへ自動転送し、薬局の会計業務を円滑化するもの。患者の服薬情報も同様に両システム間で連動する。Musubiとの連携機能を実現したのはPharnesが業界初。(C)時事通信社