【北京時事】新型コロナウイルスの感染拡大が最初に起こった中国湖北省武漢市の当局は17日、同市の累計死者数が公表より1290人多かったと発表した。新華社電によると、感染拡大初期に医療機関の収容能力が不足し、「報告の遅れや漏れ、誤報があった」と認めた。過少報告を訂正し、死者数を3869人とした。
 武漢市の感染者数も325人増の5万333人に訂正した。中国国内の感染者や死者の数をめぐっては国際社会から「過少」との疑念が絶えず、訂正を余儀なくされたとみられる。政府の情報開示の遅れが世界中の感染拡大につながったとの批判も出る中、過少報告を認めたことで、内外の疑念がさらに高まることが予想される。
 武漢市当局は訂正発表の中で、「ある患者は入院治療を受けられず、自宅内で亡くなった」などと言及。自宅内での死者は累計に含まれていなかったことを認めた。市は3月下旬に調査チームを設置し、医療機関や葬儀場などを当たって病人や死者の再調査を行ったとしている。 (C)時事通信社