日本医師会(日医)の横倉義武会長は17日、日本記者クラブ主催のインターネットを通じた記者会見で、政府が緊急事態宣言の対象地域を全国に拡大したことに関し、「医療側から見れば、感染症対策は過剰なくらいにやるのが基本。全国に広げたことは意味あることだ」と述べ、評価する考えを示した。
 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い医療提供体制が逼迫(ひっぱく)する中、日医は1日に「医療危機的状況宣言」を出しているが、横倉氏は現状について「まだまだ油断ならず、危機的だ」と強調。「感染者をできるだけ減らすには接触を減らすしかない」と指摘するとともに、防護服などを速やかに医療現場に届ける必要性を訴えた。 (C)時事通信社