東京都医師会は17日、都内の市区町村と地元医師会が連携し、新型コロナウイルスの感染を確認する「PCR検査センター(仮称)」を設置すると発表した。かかりつけ医が感染疑いのある人を診察した後、センターで検体を採取し、民間機関に検査を依頼する仕組みで、月内にも10カ所程度開設できる見込みという。
 PCR検査は通常、保健所にある「帰国者・接触者相談センター」に電話し、必要と判断された場合は専門外来を受診して実施する。しかし感染者の増加で、保健所は電話相談や感染経路の調査などの業務が集中。このため検査センターの設置を通じ、保健所を介さず検査を実施できるようにして、負担軽減を図る。
 検査後、かかりつけ医が電話で結果を連絡し、自宅で療養する無症状や軽症者の健康観察も担う。検査センターは今後も増やす方向で調整を進める。
 都医師会の尾崎治夫会長は同日の記者会見で、「地域医療を担うかかりつけ医が協力して、センターをつくろうという思いに至った。少しでも今の混沌(こんとん)としている状態を良くしていきたい」と語った。 (C)時事通信社