羽田空港で搭乗前に国内線の利用客の体温を確認する取り組みが17日始まった。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、国土交通省が航空会社などと連携。体温が37.5度以上の人には搭乗の自粛を促す。5月6日まで実施する。
 日本航空(JAL)や全日本空輸(ANA)など航空会社の社員が保安検査場前に設置されたサーモグラフィーで確認する。発熱がある人には、国交省が作成したチラシを渡し、体調などを聞いた上で搭乗の自粛を促す。
 発熱のある利用客の搭乗を認めるかは航空会社の判断による。ANAは「発熱がある方の利用を直ちに断ることはない。乗客からの聞き取りを踏まえて自粛をお願いする」としている。
 国交省は他空港での実施も検討している。 (C)時事通信社