大阪府泉南市の梶本茂躾市議(72)が、自身のフェイスブックに、「(新型コロナウイルスの)感染者は高齢者にとって殺人鬼に見える」との内容を書き込んでいたことが17日、分かった。
 泉南市では10日に女子高校生の感染を初めて確認。梶本氏は同日、「感染者は、私ら高齢者に取っては殺人鬼に見えます。感染者の個人情報や、人権を守るのか高齢者は姥(うば)捨て山に行けと言うのか、考えさせられます」と投稿した。
 梶本氏は取材に、高齢者に対するコロナ対策が遅れていることへの問題提起だったと主張。「地域の高齢者から、感染者は怖いという意見を聞いた。あれくらい書かないと反応がないのではと、あえて過激な文章を書いた」と釈明。投稿は17日に削除された。 (C)時事通信社