安倍晋三首相は17日の記者会見で、新型コロナウイルスの対応に当たる医療従事者への支援策として、医療の公定価格となる診療報酬について「倍増するなど待遇の改善にしっかり取り組んでいく」と表明した。
 診療報酬を2倍にするのは、新型コロナウイルスに感染し、体外式膜型人工肺(ECMO)や人工呼吸器が必要な重症患者が集中治療室で入院している場合や、中程度の入院患者への対応など。医療機関がECMOなどの使用により通常より手厚い人員配置が必要になることから報酬を増やす。患者の追加負担は発生しない。
 首相方針を受け中央社会保険医療協議会(厚生労働相の諮問機関、中医協)は持ち回りで総会を開き、対応策を了承した。18日から適用される。
 また、首相は会見で、緊急事態宣言が当初出された東京都など7都府県を対象に、今週中に医療用サージカルマスクを1000万枚配布すると述べた。 (C)時事通信社