【ニューヨーク時事】週末17日のニューヨーク株式相場は、新型コロナウイルス対策で制限されている経済活動が再開されるとの期待などから、大幅続伸した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比704.81ドル高の2万4242.49ドルで終了。ハイテク株中心のナスダック総合指数は117.78ポイント高の8650.14で引けた。
 トランプ米大統領は前日夕、経済活動の再開に向け、実施手順を定めたガイドラインを公表した。また、米バイオ医薬品メーカーのギリアド・サイエンシズが開発した抗ウイルス薬「レムデシビル」の臨床試験(治験)で、新型コロナに感染した患者が急回復していると報じられ、投資家のリスク選好意欲が高まった。 (C)時事通信社