新型コロナウイルスの感染者増加で、医療現場が危機に直面しているとの声が関係者から相次いでいる。防護具が不足しているほか、医師や看護師の疲弊も深刻化しつつある。状況が悪化すれば、待ち受けているのは「助かるはずの患者も命を落とす」事態だという。
 神奈川県医師会の菊岡正和会長は7日以降、同会のホームページ上で新型コロナに関する情報発信を続けている。PCR検査の要望は強いが、検査の精度は高くて70%程度と解説。感染者が増え続け、病院に殺到すれば、他の患者の治療も難しくなり「救命できなくなる」と訴えている。
 日本救急医学会と日本臨床救急医学会も9日、連名で医療の現状と課題をまとめた。発熱や呼吸器症状のある患者を診察する病院が少なく、「救命救急センターで受け入れざるを得ない」と指摘。重症救急患者の対応ができなくなっていると危機感を表明した。
 「マスク、ガウンなどは圧倒的に不足し、極めて困難」と現場の状況にも触れつつ、症状がない急患でも新型コロナ感染者の可能性を念頭に置くよう医療関係者らに注意喚起した。
 厚生労働省は3月、各地の自治体に感染者が大幅に増えた際の医療体制に関する検討を依頼。医師や看護師らの確保策も求めた。
 兵庫県は需要増をにらみ、神戸大や県災害医療センターに対し、各地の医療機関へ医師の応援を要請。県医務課は「外出を控え、感染者数を増やさないことが医療崩壊を防ぐことにつながる」と呼び掛ける。
 福岡県医師・看護職員確保対策室によると、復職希望の看護師らを募り、医療機関との間を仲立ちする事業も行っているが、実現したのは14日時点で1件にとどまる。同室は「採用の動きが鈍いが、積極的に周知していきたい」としている。 (C)時事通信社