日本医師会(日医、横倉義武会長)は18日、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、医療現場の支援に向けた「医学有識者会議」を設置したと発表した。早期診断や重症化の予防といった課題について科学的な観点から提言を行う他、報告されている症例に関する情報をデータベース化するなどして、今後の診断や治療に役立ててもらう。
 有識者会議は、自治医科大の永井良三学長を座長に、臨床医を中心に構成。横倉会長は「有識者会議には主に臨床の観点から提言をもらい、日医も有意義な知見を現場の医師にスピード感を持って伝えていきたい」と語り、政府の専門家会議とも連携して対応に当たっていく考えを示した。 (C)時事通信社