新型コロナウイルスの感染が疑われる救急患者が、病院から受け入れを拒まれるケースが相次いでいる問題で、厚生労働省は19日までに、生命が危険な状態にある患者は速やかに受け入れるよう求める通知を都道府県などに出した。
 通知では、新型コロナウイルスの感染が疑われる患者の受け入れについて、院内感染対策が必要なことなどから「従来に比べて格段に困難な状況であると承知している」とした。
 その上で、生命が危険な状態にある患者や、速やかに診療を行う必要がある場合は、感染が疑われても受け入れるよう要請。生命の危険がない状態でも、発熱や呼吸器症状などを理由に受け入れを拒否せず、都道府県と調整を図るよう求めた。 (C)時事通信社