米ジョンズ・ホプキンス大学システム科学工学センター(CSSE)の集計によれば、新型コロナウイルスによる米国の死者が日本時間20日、4万人を超えた。16日に3万人を超えたばかりで、人口密度の高いニューヨーク州を中心に犠牲者の増加に歯止めがかかっていない。
 全世界の死者数は約16万5000人。米国の後にイタリア(約2万4000人)、スペイン(約2万人)、フランス(同)、英国(約1万6000人)が続き、死者の大半が欧米に集中している状況は変わらない。米国はニューヨーク市だけで1万4000人以上となった。
 世界の感染者は240万人を超えた。国別では、米国(約75万9000人)、スペイン(約19万8000人)、イタリア(約17万9000人)、フランス(約15万4000人)、ドイツ(約14万5000人)の順に多い。 (C)時事通信社