国土交通省は20日、自動車局に所属する40代の男性職員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。発熱後は出勤せず自宅療養しているという。同省で本省勤務の職員の感染が確認されたのは初めて。
 国交省によると、男性職員は8日夜に発熱。10日に医療機関でコロナの可能性は低いと診断されたが、断続的に発熱したため、16日に再度受診し、PCR検査で陽性が確認された。 (C)時事通信社