安倍晋三首相が21日、首相官邸で記者団に語った内容は次の通り。
 緊急事態宣言を発出して以来、国民に大変な協力を頂いていることを、まず心から御礼申し上げたい。休日も含めて家からなかなか出られないことをずっと我慢し、大変な負担を掛けている。最低でも7割、極力8割、人との接触機会を減らす協力を頂いているが、まだ地域によっては不十分なところもあり、より一層のテレワーク等、協力を頂きたい。緊急事態宣言の対象を全国に先週から広げた。全都道府県で協力を頂いているが、先週末はだいぶ東京から地方への人の流れもあったと伺っている。いよいよゴールデンウイークも近づいてきたが、家族だけであっても地方への旅行、遠出は控えていただきたい。それが全国への感染拡散につながっていく危険性になる。既に累積で1万人の感染者になったが、医療現場は大変状況が逼迫(ひっぱく)している。医療現場の負担を少しでも軽減していくため、そして皆さん自身の健康、命を守るためにも外出は控えてほしい。最低でも7割、極力8割の人との接触を避けることに、これからもより一層の協力をお願いしたい。 (C)時事通信社