埼玉県川口市は21日、新型コロナウイルスの対応で医師や看護師が感染し休業となった市内の民間医療機関に、1000万円を上限に休診に伴う減収分の半額を補助すると発表した。また、感染者の入院を受け入れた医療機関には、患者の数や症状に応じて1日最大30万円を支給する。
 新型コロナの診療に当たる医療機関を増やすのが狙い。記者会見した奥ノ木信夫市長は「増え続ける患者に対して、いまだに医療機関にかかれない人が多い現状を打破したい」と述べた。
 市によると、一部の診療休止なども助成対象にする。上限は病院が1000万円、診療所が300万円。 (C)時事通信社