大津市は21日、新型コロナウイルスで職員の集団感染が発生したことを受け、25日から5月6日まで市役所本庁舎の業務を停止し、閉鎖すると発表した。本庁舎に勤務する全職員約1200人を自宅待機させ、健康観察をする。
 本庁舎では11日以降、本館4階の建設部で8人、本館3階の都市計画部で3人の感染が確認された。滋賀県はクラスター(感染者集団)が発生したと判断し、職員のウイルス検査を進めている。
 一方、支所や保健所は業務を継続。本庁舎は5月7日から再開する予定だが、その際、半数以下の職員で対応する方針。 (C)時事通信社