盛岡さんさ踊りの実行委員会は21日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、今年8月の開催中止を決めた。1978年に始まって以来、中止は初めて。
 岩手県は21日現在、全都道府県で唯一、感染者が確認されていないが、国内外の感染拡大の状況や、緊急事態宣言の対象が全国に拡大されたことから中止を決めた。
 盛岡さんさ踊りは毎年8月1~4日の開催で、昨年は過去最大の約149万人の来場があった。実行委員会会長を務める盛岡市の谷藤裕明市長は「本当に残念だが、感染拡大防止の観点からやむを得ない。盛岡さんさを未来につなげるためにも、全力で対策に取り組んでいく」と述べた。 (C)時事通信社