【バンコク時事】ミャンマー西部ラカイン州で20日、新型コロナウイルスに感染した疑いのある人から採取した検体を運んでいた世界保健機関(WHO)の車両が襲撃され、ミャンマー人職員1人が死亡、1人が負傷した。
 車両は州都シットウェからヤンゴンに向けて走行中、銃撃を受けて溝に転落。2人は病院に搬送されたが、1人が21日未明に死亡した。
 大統領府は仏教徒少数民族の武装集団「アラカン軍」の犯行と断定し、「国連のマーク入りの車両を襲撃するのは非人道的」と非難する声明を発表。これに対し、アラカン軍は声明で「発砲したのは国軍」と反論した。 (C)時事通信社