【ワシントン時事】米疾病対策センター(CDC)のレッドフィールド所長は21日のワシントン・ポスト紙(電子版)のインタビューで、新型コロナウイルスの第2波とインフルエンザの流行が「次の冬に同時に起こる」可能性があると警鐘を鳴らした。
 同氏は、二つのウイルスへの対応が、医療システムに「想像を絶する負荷」をかけると指摘。「今われわれが経験しているものよりもさらに(対応が)困難になる」と語った。感染爆発を未然に防ぐために、検査や感染者追跡の能力を大幅に向上させる必要があるという認識も示した。 (C)時事通信社