横浜市は22日、3月に死亡した80代男性について、新型コロナウイルス陽性と誤って判定したと発表した。陰性と判明した時には既に火葬を終えており、市は遺族に謝罪した。
 市によると、男性は別の疾患で3月19日に市内の病院に入院し、23日に死亡。24日に市衛生研究所のPCR検査で陽性と判定され、遺族に通知された。火葬を終えた後に誤判定が判明したため、遺族は出棺などの際に顔を見ることや、遺体に触ることができなかったという。 (C)時事通信社