愛知県は22日、新型コロナウイルスに感染した患者の入院を受け入れた医療機関に独自に応援金を支給すると発表した。患者1人当たり100万~400万円を交付し、医療従事者の処遇改善などに活用してもらうことを想定している。
 金額は、軽症や中等症で患者1人当たり100万円。重症で人工呼吸器や集中治療室(ICU)を使用すると100万円増額し、体外式膜型人工肺(ECMO、エクモ)を装着した場合はさらに200万円を上乗せする。県内で発生した1例目にまでさかのぼって給付し、患者の転院先も対象とする。 (C)時事通信社