日本医師会の釜萢敏常任理事は22日の記者会見で、楽天が新型コロナウイルス感染の可能性が分かるPCR検査キットの販売を開始したことに関し、「検体採取は感染の危険があり、周りに感染が拡大する恐れがある」と懸念を表明した。
 釜萢氏は、PCR検査は実際は陽性なのに陰性の結果が出る可能性も指摘。「医療現場に大きな混乱をもたらすし、本人や家族、周囲の危険も伴う。このような形で販売されたことには大きな問題があり、同様の事例が起きないよう厚生労働省と協議したい」と語った。 (C)時事通信社