慶応大病院(東京都新宿区)が今月中旬、新型コロナウイルス以外の患者に対し、手術や入院前に同ウイルスのPCR検査をした結果、約6%が陽性となったことが23日、分かった。同病院は「院外や市中で感染したと考えられる」としている。
 同病院は13~19日、同ウイルスの院内感染を防ぐ目的で、手術や入院前の67人を院内で検査。うち4人が陽性となった。67人は全員、感染を疑わせる発熱などの症状はなかったという。
 同病院は、無症状の感染者が市中に一定数いる可能性を指摘し、「感染防止に向けてさらなる策を講じていく必要がある」と提言した。 (C)時事通信社