東京都の小池百合子知事は23日、新型コロナウイルス感染拡大によるスーパーや商店街の混雑対策を発表した。密閉、密集、密接の「3密」の解消に向け、都民に対して「毎日の買い物を3日に1回程度に控えていただきたい」と要請。事業者に対しては、売り場で用意する買い物かごの数を制限して入店を抑制することや、高齢者らの専用時間の設定などを求めた。
 対策例は他に、インターネット交流サイト(SNS)での混雑情報の発信▽曜日や時間による特売などの中止▽袋詰めスペースの拡大―など。
 小池氏は「3密を回避するため業界団体と連携していきたい」と強調。商店街組合による自主休業に対する奨励金や、過密防止に向けた取り組みへの補助金制度を創設する考えも示した。
 また、小池氏は埼玉、千葉、神奈川の3県知事と共同で、大型連休を含む4月25日~5月6日を「いのちを守る ステイホーム週間」として、徹底した外出自粛を求めるキャンペーンを行うと報告。帰省や旅行など他道府県への移動自粛や、企業に12日間連続休暇の呼び掛けを行う。
 連休中の都立公園の利用自粛を求めるほか、駐車場や遊具広場を閉鎖することも明らかにした。区市町村立の公園にも同様の対応を取るよう求める。また在宅者向けに屋内でできる運動や遊びの動画配信も行う。
 小池氏は「大型連休に人と人との接触がまた増え、一層の感染拡大が懸念される」と指摘。休校が続き子どもたちの学習の遅れや生活リズムの乱れが懸念されることについては「いろいろなコンテンツや工夫を提供していきたい」と語った。 (C)時事通信社