【ニューヨーク時事】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は23日、ニューヨーク市など米国の主要5都市で、3月1日時点で計約2万8000人の新型コロナウイルス感染者がいた可能性を指摘するノースイースタン大の推計を報じた。実際に感染が確認されたのは計23人だった。同紙は「米国がウイルス検知でいかに後れを取っていたか明確に示している」と伝えている。
 米国で最も状況が深刻なニューヨーク市で初めて感染が確認されたのは3月1日。しかし、同大の推計の中央値では、その時点で市内に既に1万700人の感染者がいたとされる。このほか同日時点でボストンとシアトルでそれぞれ2300人、シカゴで3300人、サンフランシスコで9300人いたと推計された。 (C)時事通信社