東京都の小池百合子知事は24日の定例記者会見で、外出する機会が増える大型連休について、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、「不要不急の帰省やレジャー、旅行など他の道府県への移動の自粛を強くお願いする」と訴えた。
 小池知事は「野外レジャーなら大丈夫と思うかもしれないが、結果として『3密』状態を引き起こす可能性がある」と指摘。自宅で過ごす人が楽しめる動画などを紹介する「ステイホーム週間ポータルサイト」を都公式ホームページ内に開設したと報告した。
 また、医療従事者やその家族が差別的な言動を受ける事案が発生していることに対し、「悲しく、人権感覚からすれば非常に恥ずべきことだ」と批判。感染者についても「レッテル貼りをしないで、健康になったことを皆で喜ぶぐらいの気持ちを持ってほしい」と呼び掛けた。
 都立学校に関しては、5月6日までとしていた休校期間を2日延ばすことを明らかにした。 (C)時事通信社