東北6県と新潟県は24日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、大型連休を前にそれぞれの県民に外出や県境を越える移動の自粛を訴える緊急共同宣言を出した。旅行や帰省を含め、7県内のほか、関東、関西など他地域との不要不急の往来自粛も呼び掛けた。
 6県は青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島。宮城県の村井嘉浩知事と仙台市の郡和子市長は県庁で記者会見し、「楽しみにしていたゴールデンウイーク(GW)だと思うが、今は歯を食いしばって耐えてほしい」と声をそろえた。村井氏は「GWで油断すると2週間後に患者が増え、医療崩壊が起きてしまう。買い物も最小限の人数と短時間で」と強調した。
 各県の知事もそれぞれの県庁で記者団の取材に応じ、秋田県の佐竹敬久知事は「連休の観光地は東北で全面的に閉鎖する。来ても駐車できないし、食事もできないから相当制限がある」と説明した。
 山形県の吉村美栄子知事は「隣同士の東北6県、新潟県と協力して取り組むことは、さらに大きな発信になって多くの県民に伝わるのではないか」と話した。各県は、鉄道の駅や高速道路のサービスエリアなどでチラシやポスターを通じて宣言内容を周知する。 (C)時事通信社