長崎県は24日、長崎市に停泊中のイタリア船籍のクルーズ船「コスタ・アトランチカ」で確認された乗員の新型コロナウイルス感染者を、県内での発生事例として扱わないと発表した。理由について、外国船籍であり、厚生労働省とも調整したと説明している。
 同船では、同日までに乗員91人の感染が確認された。これを除く県内の感染者は累計17人。 (C)時事通信社