厚生労働省は24日、新型コロナウイルス感染症に対応する病院で医療用マスクなどの在庫が逼迫(ひっぱく)した場合、国が緊急配布する制度を来週にも始めると発表した。新型ウイルス患者を受け入れる病院とPCR検査を行う診療所計約1200施設が対象になる。在庫が1週間分を切った場合を念頭に置いているという。
 同省などは既に、国内の約8000施設の病院などに対し、ウェブ調査を行って医療物資の在庫量や想定消費量などを記載してもらっている。同省は、特に患者を受け入れる病院など約1200施設に対し、サージカルマスクや医療用ガウンなどの在庫が1週間分を切ったとして要請があった場合、物資を直接配布する体制を整備することにした。 (C)時事通信社