政府は24日、新型コロナウイルス感染症対策推進室に勤務する40代男性職員1人の同ウイルス感染が確認されたと発表した。推進室職員の感染は初めて。21日朝以降、発熱が続いたためPCR検査を受けたところ、24日に陽性の結果が出た。
 推進室によると、この職員は21日から出勤しておらず、政府内に濃厚接触者はいない。19日に新型コロナ担当の西村康稔経済再生担当相とともに東京大学医学部付属病院を視察したが、この時もマスクを着用し、距離を十分に取っていたという。 (C)時事通信社