新型コロナウイルス対策担当の西村康稔経済再生担当相は25日、同日予定していた記者会見などの公務を急きょ取りやめ、自宅待機に入った。24日にコロナ感染が判明した内閣官房職員が西村氏の視察に同行していたことを受けた措置。内閣府は西村氏に症状はないとしている。
 西村氏は25日夜、NHK番組に映像を通じて出演。「保健所に確認してもらい、私は濃厚接触者ではないということだ。万が一、感染を広げてはならず、自宅で勤務している」と説明した。
 これに関し、安倍晋三首相は25日、首相官邸で記者団に「私たちみんなに感染のリスクがあり、同時に他の人たちに感染を拡大してしまうリスクがあることを認識しながら、最大限の注意を払っていくことが求められている」と語った。
 西村氏の自宅待機期間は「保健所から指導があるまでの間」。職場復帰の時期は未定で、25日は首相らとの新型コロナに関する会議も欠席した。
 感染した職員が同行した視察は19日。この後も西村氏は連日、首相と面会を重ねており、24日は1対1の場面が2回あった。
 内閣官房によると、この職員は21日から出勤しておらず、「勤務中もマスクを着け、政府内に濃厚接触者はいない」と説明している。 (C)時事通信社