【ベルリン時事】世界保健機関(WHO)は24日付の報告書で、新型コロナウイルスに感染し抗体を保有しても、2度目の感染を防げる証拠は現時点ではないと見解を示した。英国など一部の国で、検査で抗体が確認された市民に「免疫証明書」発行を検討しているが、WHOとしては完全な安全性の証明にはならないと警鐘を鳴らした。
 WHOによると、ほとんどの研究で、新型ウイルス感染後に回復した人は、抗体を持つことが確認されている。しかし、このうち一部の人の抗体は、ウイルスの働きを弱める中和作用が非常に低かった。
 このため、抗体のみを検査して免疫証明書を発行することは「感染拡大を継続させるリスクを高める」可能性があるとWHOは警告している。 (C)時事通信社