小田急電鉄は27日、新宿駅勤務の30代男性社員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。
 同社によると、男性社員は同駅地下の精算所窓口や改札口で業務に従事。勤務中はマスクを着用していたという。
 男性社員の家族が検査で陽性となったため、25日に検査を受け、26日に感染が判明した。濃厚接触した可能性のある同僚ら62人は当面の間、自宅待機にするとしている。 (C)時事通信社