【バンコク時事】タイ政府は27日、新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的に、今月末までの予定で3月26日に発動した非常事態宣言について、期間を5月末まで延長する方針を決めた。
 タイで27日に確認された新たな感染者は9人で、ほぼ1カ月半ぶりに1桁となったが、警戒を緩めれば第2波を招く恐れがあるとの懸念から厳戒態勢を続ける。非常事態宣言の延長に伴い、午後10時~午前4時の外出禁止令や、国際旅客便の乗り入れ禁止措置も続ける。 (C)時事通信社