長崎県は27日、新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生したイタリア籍のクルーズ船「コスタ・アトランチカ」乗員623人の国籍や、感染者の年齢区分を発表した。また、乗員のうち2人を同日、長崎市内の感染症指定医療機関に救急搬送したと明らかにした。
 国籍はフィリピン人が206人で最も多く、インド人102人、インドネシア人86人など。2人の日本人も乗っていた。
 感染が確認された148人の年齢は、20代が56人、30代が50人、40代が32人で、重症化のリスクが比較的低いとされる10~40代が約95%を占めた。 (C)時事通信社