塩野義製薬は27日、新型コロナウイルスの予防ワクチンを国立感染症研究所と共同で開発すると発表した。年内の臨床試験開始に向け厚生労働省などと調整している。将来的に1000万人規模でワクチンを提供できる体制を目指す。
 同社子会社のUMNファーマ(秋田市)の持つ技術を活用し、昆虫細胞などを用いて抗原を作製する。抗原の製造が短期間でできるのが特長という。塩野義製薬は新型コロナ対策で、治療薬開発や抗体検査キット提供の取り組みも進めている。 (C)時事通信社