沖縄県の玉城デニー知事は27日、県庁で記者会見し、大型連休中の沖縄発着の航空便予約が延べ約6万人に上っていることを明らかにした上で、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、来県自粛を改めて呼び掛けた。玉城知事は「今は沖縄に来るのを我慢し、収束後に訪れてください」と訴えた。
 県内では、3月の3連休前後に訪れた観光客と接触したとみられる人の感染が4月に急増。大型連休中に県外から大勢の観光客が訪れれば、再び感染者が増えることが懸念されている。現在は首里城や美ら海水族館など多くの観光施設や土産店が休業するなど活動自粛が広がっており、玉城知事は「人とのふれあいを楽しむことはかないません」と強調した。 (C)時事通信社