日本医師会(日医)の横倉義武会長は28日、日本外国特派員協会で記者会見し、世界的な新型コロナウイルスの感染拡大により来夏に延期された東京五輪について「有効なワクチンが開発されないと、開催は難しいのではないか」との見方を示した。
 横倉氏は、この後に日医で開かれた記者会見で「五輪開催は世界中で感染が落ち着いていないとできない」と指摘。その上で「ワクチンがないと五輪ができないというより、五輪のためにワクチンの開発を急いでもらいたい」と希望を述べた。 (C)時事通信社