【モスクワ時事】ロシアのプーチン大統領は28日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて3月30日から全土で導入している有給の非労働期間について、5月11日まで継続すると発表した。
 プーチン氏は継続の理由について「(感染の)ピークはまだ越えていない」と説明した。一方で、政府に対し、5月12日以降の段階的な規制緩和に向けて専門家らと協議するよう指示した。ロシアの感染者は9万3558人と急増し、死者は867人に上っている。 (C)時事通信社