新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、29日から本格的に始まったゴールデンウイーク。自粛ムードが緩み、観光や帰省により感染が広がる恐れもあり、各地の駅や空港、観光地などでは検温や不要不急の外出自粛を求めるパトロールが行われた。
 連休中の航空便予約が当初約6万人分に上り、知事が来県自粛を求めていた沖縄県。その後、予約の大半はキャンセルされ、29日の那覇空港は閑散としていた。通院や出張などでやむを得ず利用したという人がほとんどだったが、「仕事も休みだし、夫婦で気晴らしに観光しに来た」と話す愛知県の50代男性会社員も。到着口にはサーモグラフィーが設置され、係員が通過する人の体温を調べていた。
 新幹線も例年に比べ利用客が激減し、東北新幹線などでは自由席乗車率が0%の列車もあった。JR名古屋駅では29日から、マスクやフェースシールドを着けた愛知県職員らが利用者を対象に任意の検温を実施。不要不急の外出自粛を求めるビラも配り、協力を呼び掛けた。
 この日は1時間で46人を検温したが、37.5度以上の発熱症状があった人はいなかったという。転勤で福岡市から来た男性会社員(28)は「ちょっとびっくりしたが、熱がなくて安心した」。両親の介護から戻った名古屋市の主婦有村加代子さん(59)は「乗客への検温はすごくいいことだと思う」と話した。
 高速道路各社は、29日から5月6日まで休日の料金割引を中止し、サービスエリアなどのテナントに営業自粛を要請している。「信州の観光はお休み中」キャンペーンを実施中の長野県では、JR軽井沢駅など9駅で外出自粛を求めるメッセージボードを掲示。帰省の見合わせを呼び掛けるとともに、善光寺や松本城などの観光地でも外出自粛を促すパトロールを連日実施している。 (C)時事通信社