【ニューヨーク時事】米バイオ医薬品メーカーのギリアド・サイエンシズは29日、抗ウイルス薬「レムデシビル」を新型コロナウイルス感染者に5日間と10日間投与した結果、同程度の症状改善が見られたと発表した。5日間程度の短期投与で済む可能性があるため、同社は「現在の薬の供給量で治療できる患者数を大幅に増やせる」と期待を示した。
 397人の患者を対象に臨床試験(治験)を行い、投与初日から14日目の状況を調べた。5日間投与したグループでは60%の患者が退院し、10日間の投与では52%が退院した。
 また、症状が出てから10日以内に投与されたグループの方が、それより後に投与されたグループに比べ、症状が改善したケースが多かった。 (C)時事通信社