【ワシントン時事】トランプ米大統領は30日、新型コロナウイルスの発生源が中国湖北省武漢市にあるウイルス研究所だとする説に関し、確度の高い証拠を「見た」と主張した。同日の米紙ワシントン・ポスト(電子版)は、政権が新型ウイルスをめぐる中国の対応について、報復や賠償を求めることを検討していると報じ、トランプ氏も報復措置として関税を課す可能性を示唆した。
 ホワイトハウスで記者団に語った。新型ウイルスのまん延をめぐり、中国の初動対応の遅れや隠蔽(いんぺい)を非難し、その責任を追及するトランプ政権内では、「武漢ウイルス研究所説」が浮上。米メディアは、政権が情報機関に証拠を見つけるよう要請したと報じていた。 (C)時事通信社