【ロンドン時事】英国で新型コロナウイルス対策の最前線に立つ国営医療制度「国民保健サービス(NHS)」を支援しようと寄付金を集め、有名になった退役軍人トム・ムーアさんが30日、100歳の誕生日を迎えた。寄付金は30日夜までに総額約3226万ポンド(約43億5000万円)に達した。
 中部ベドフォードシャー州に住むムーアさんは4月初め、医療スタッフを支援するため誕生日までに自宅の庭を100往復する「挑戦」で募金活動を開始。歩行器で懸命に歩く姿が注目され、国内外の賛同者から多額の寄付金が寄せられた。
 ムーアさんに対しては、これまでに約14万通の誕生祝いのカードが届き、エリザベス女王からもサイン入りの電報が送られた。ジョンソン首相はビデオメッセージで「英雄的な努力が国家全体を元気づけた」と称賛。30日、ムーアさんに名誉大佐の称号が与えられた。
 ムーアさんは、テレビのインタビューで「多くの人たちが優しさを示してくれて、本当に素晴らしい。人生でこうしたことが起きるとは予想もしていなかった」と述べた。 (C)時事通信社