【ニューヨーク時事】ホンダは30日、圧縮機メーカーの米ダイナフロー(ペンシルベニア州)と提携し、人工呼吸器の主要部品の生産と納入を開始したと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で需要が高まる人工呼吸器の増産を支援する。
 ホンダが生産を始めたのは、患者の気管に送る空気を圧縮するダイアフラム式コンプレッサー。オハイオ州の技術研修センター内に臨時の組み立てラインを設け、週2000個のペースで製造する。
 また、ダイナフローにノウハウを提供し、同社の生産ペースをこれまでの週75個から250個に引き上げる。この結果、両社合わせて月1万個の量産が可能になるという。生産は8月末まで続く見通し。 (C)時事通信社