【ニューヨーク時事】スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさん(17)は30日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)から子供の権利を守るため、デンマークのNGOとともに、国連児童基金(ユニセフ)を支援するキャンペーンを立ち上げた。食料不足や逼迫(ひっぱく)する医療体制、暴力、教育機会の喪失などの問題に取り組む。
 グレタさんは声明で、「気候変動と同様、パンデミックは子供の権利の危機だ」と強調し、国際社会に支援を訴えた。
 デンマークのNGOと共同で計20万ドル(約2100万円)寄付し、ユニセフの緊急対策を後押しする。うち10万ドルは同NGOがグレタさんの活動に贈った賞金。ユニセフは、各国政府が医療従事者用のマスクなど個人防護具(PPE)を確保できるよう支援しているほか、通学できない子供の遠隔教育支援も行っている。 (C)時事通信社