新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言を踏まえ、与野党幹部は大型連休中、地元の選挙区に戻らず、東京都内に滞在する見通しだ。自民党の岸田文雄政調会長は1日のインターネット番組で連休の過ごし方を聞かれ「東京にいる」と語った。
 岸田氏は、新型コロナで打撃を受ける事業者への家賃支援策の策定に向けて「休み返上で議論する。連休中も頻繁に党本部、議員会館に出向いて仕事をしなければならない」と強調した。
 国民民主党の玉木雄一郎代表は1日の記者会見で「本当は地元に帰りたいが、東京にいようと思う」と話した。新型コロナに関する要望を聞くため、有権者に電話をするなどして過ごすという。 (C)時事通信社